太もものセルライトが骨盤を歪ませることもありうる

体の中でも特にセルライトというのは、太ももにできてしまいやすいです。

太ももは、血液の循環が悪くなりやすいですし、リンパが滞ってしまいやすいです。

そして、この太ももにセルライトが出来てしまった場合、さらにリンパなどの流れが悪くなってしまって、冷え性に発展してしまうこともありますし、骨盤のゆがみの原因になってしまうこともあるのです。

また、骨盤が歪んでしまっているから、太ももにセルライトが出来てしまうこともあります。

骨盤が歪んでしまっていると、それだけ血液も流れにくくなってしまい、その結果、皮下脂肪が太ももに貯まりやすくなってしまいます。

そして、皮下脂肪に老廃物が取りこまれてしまって、セルライトになってしまうのです。

人間の太ももというのは、他の部位と比べて脂肪細胞が多くなっています。

そのため、脂肪も老廃物も貯まりやすくなってしまうのです。

骨盤が歪んでしまっていることが原因でセルライトができてしまっているのであれば、セルライトを除去していくことももちろん大切ですが、セルライトの原因になっている骨盤の歪みも矯正していかなくてはなりません。

この骨盤の歪みの矯正は、整骨院などで治してもらうようにした方が良いでしょう。

お尻のマッサージ方法

お尻もセルライトができやすい部位になっています。

お尻のセルライトを除去したいのであれば、普段からお尻を揉み解したり、軽く摩擦をするようにして、血液やリンパの流れを良くしていってください。

また、太ももとお尻の境目辺りの肉を指で軽く摘んで、何回か引っ張りましょう。

そして、お尻を両手で持ち上げたり下ろすという動作を5分ほど続けて、その後は円を描くようにお尻を回します。

毎日、このお尻のマッサージをすることで、セルライトを流しやすくなり、除去氏やうs区なるでしょう。