後期まで進むと老廃物や脂肪を排出できなくなる

セルライトを放置してしまっていると、最終的に後期まで進んでしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

セルライトができていることに気づかなかったり、セルライトができているとわかっていても特にケアをしなかったら、遅かれ早かれ後期になってしまうかもしれません。

後期になってしまうと、セルライトが大きくなってしまって、オレンジの皮のようにゴツゴツしていて、見た目からも分かるようになってしまいます。

そのため、オレンジビールスキンと呼ばれているのですが、ここまでくると見た目も悪くなります。

後期まで進んでしまったら、セルフケアをしてもセルライトを除去することは相当難しくなってしまいます。

セルライト自体も相当硬くなってしまっているので、セルライト除去マッサージをしたとしても、セルライトをほぐすことができなくなってしまいます。

これでは、老廃物や脂肪を排出することもできなくなってしまうのです。

さらにセルライトが圧迫をしてしまっていて毛細血管の耐久性が下がってしまって、毛細血管から出血してしまって、内出血してしまい、アザのようになってしまうこともあります。

後期のセルライトになってしまっているのであれば、自分でセルライトの改善をするのは非常に困難になりますので、エステサロンや美容外科などで専門の施術をしてもらうようにした方が良いでしょう。